なぜ女性は冷え性になりやすいのか?その理由とは?

職場でも冷え性に悩む女性を見かけたことはあるかもしれませんが、男性よりも女性の方が冷え性になりやすいことは科学的に実証されています。

では、どのような理由で冷え性になってしまうのでしょうか。

ホルモンバランスが複雑である

女性は元々ホルモンバランスが乱れやすい体質をしており、それには月経が関係しています。

定期的に月経を経験することによりホルモンバランスが乱れ、また妊娠や出産などその他にも様々な理由でホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経まで乱れてしまい血行不良を引き起こし、そのまま冷え性に繋がります。

これだけが理由ではありませんが、男性よりも女性の方が冷え性に悩みやすいのは月経が関係していることも覚えておくとよいでしょう。

加えて、月経で貧血を引き起こすことでますます冷え性を加速させ、不健康な状態に陥る可能性もあります。

そこに自律神経の乱れまで加わると相乗効果でなかなか回復しなくなるため、冷え性対策をするのは想像以上に重要な行為なのです。

筋力が少ない

女性は筋力が少ないため、熱生産が追いつかず冷え性になりやすいともいわれています。

熱の発生源がなければ体は冷えていくばかりですし、また女性は男性よりも筋力を付けることに抵抗があるためますますこの傾向は強くなります。

さらに、筋力不足は熱の生産だけでなく熱を体中に送り込む役割も果たせなくなるため、女性にとっては難しい問題となるのです。

近年はパソコン前に座りっぱなしという女性も多いので、それが筋力不足による冷え性を加速させていることも間違いないでしょう。

通勤通学時に電車や自動車を使っていると、歩く機会まで失われてしまいますます筋力が不足してしまい、手足が冷たいままになりかねないのです。

ファッションによる冷え性

もしも肌を露出するファッションを好んで着用していたり、タイトなファッションばかりを着ている場合も要注意です。

肌を露出すればその分冷えやすくなり冷え性の原因になりますし、タイトなファッションは体を締め付けてしまい血流を悪化させる原因になりかねません。

短いジーンズなど動きやすいファッションを重視して選んでいるかもしれませんが、それが冷え性に繋がっているかもしれないことは覚えておきましょう。

食生活による冷え性

女性が冷え性になりやすい原因の一つとして、食生活も考えられます。

血肉になるような食事ではなく、サラダやヘルシーな食事を好む女性はその分筋力を作りづらく、結果的に冷え性になってしまうというものです。

男性でも少食な方はいますが、一般的な傾向として女性よりも肉やニンニクなどを好む傾向にありますし、これらは野菜よりも体を温めるとされています。

食生活にたんぱく質が不足しているとそれだけ冷え性を防げなくなるので、ヘルシー過ぎる食生活を送っているのも考えものなのです。

逆をいえば、女性でもふっくらとしている方は痩せている方よりも冷え性にかかりにくい傾向にあります。

限界を超えて食事をする必要はありませんが、意識的にヘルシーな食材以外も食事に取り入れるようにしないと、なかなか冷え性は改善できないでしょう。

冷え性に気づきにくい

冷え性は意外と気付かないケースも多く、特に室内に暖房が効いていたり、体温が普通だからまだ冷え性ではないだろうと安心して冷え性の兆候を見逃してしまうパターンです。

今はエアコンなど到るところで気温調節されていますし、それが原因で冷え性になっていても気付けない可能性も十分考えられます。

特に女性の場合は、男性よりもオフィス内で働く機会が多くなりがちなことから、さらに気付きにくくなります。

エアコンばかり使っていると正常に汗をかけなくなるとはよくいいますが、それによって体温調節が上手くいかず冷え性になっていることもあります。

普段オフィスワークをする機会が多い女性は、それが冷え性の原因になっている可能性も踏まえて考えることで、冷え性の原因を特定しましょう。

水分をたくさん摂っている

ダイエットなどで水分摂取する機会の多い女性も、冷え性になりやすい部類に入るでしょう。

適度な水分補給ならむしろ効果的ですが、飲みすぎると水分調節が狂ってしまい体内のバランスが崩れてしまいます。

水分を適切な量補給して排出する、このサイクルを実現するためにも、女性は無理なダイエットをせず水分補給を適量に留めましょう。

筋力とホルモンバランス

いくつか理由を挙げましたが、女性特有の理由としてはやはりホルモンバランスの乱れと筋力不足が大きく響いています。

特にホルモンバランスに関しては生理的なものなので避けづらく、油断せず毎日体調チェックしなければいけません。

筋力不足に関しても無理な運動をする必要はありませんが、少しずつウォーキングを開始するだけでも違う結果が期待できるでしょう。

男性よりも不利な状態ではありますが、原因さえ分かっていれば対策は可能です。

関連記事